2011年10月06日

神社への電話のかけ方

 もう10月ですね。
10月といえば、神社ではお正月の助勤(バイト)の採用が本格的に始まる時期です。
「えっもう?」と思われる方も多いかもしれませんが、10月末には採用を締め切ってしまうところも有ります…。助勤希望の方はお急ぎを!


 希望の神社が助勤の募集をしているかどうかは、電話をして聞いてみるのが一番です。(求人は殆どといって良いほど一般に公開されませんので…)
そこで今回は、神社への電話のかけ方について書きたいと思います。



1.いつ電話をかけたらいいのか?

 一般の企業やお店に電話をかける時、なるべく忙しくない時間帯にかけるのが普通ですが、神社もこれと同じです。
神社は朝早くから開いているイメージが有るかもしれませんが、それでも朝8時などの早い時間にかけるのは迷惑です。また、お昼時も避けた方が良いです。
夕方の4〜5時以降も避けましょう(普通神社はこのくらいの時間が退社時間ですから…)。

土日祝日の大安など、混雑しそうな日も避けた方が良いです。
祭典がある日も同様です。




2.なんて言えばいいのか?

 「すいませ〜ん、お正月のバイトの募集ってやってますかー?」
こんな聞き方では絶対ダメです。電話口できちんとした敬語が使えていないと、募集をしていても「締め切りました」と言われかねません。
出来る限り丁寧な言葉を使って下さい。

また、覚えておいて頂きたいのが、「バイト、アルバイト」ではなく「助勤(じょきん)」と言うこと。
「バイト」という言い方はあまり印象が良くありません。

上のせりふを直すと…
「お忙しいところ恐れ入ります。そちら様ではお正月の助勤の募集はしていらっしゃいますか?」
となります。

もちろんこれをそのまま棒読みすれば良いというわけではないので、状況に応じて変えて下さいね。
敬語が不安な方は勉強してから電話をするようにしましょう。


posted by ざくろ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト(助勤)をしてみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。