2011年01月06日

★本職巫女のお正月は…?

神社にとって一年で一番忙しいのがお正月です。

となると、必然的に巫女さんも忙しくなります。
「本職の巫女さんは徹夜で勤務してるの?」「神社に泊まり込むってホント?」などなど、
皆さん色々気になることが有るかと思います。

と、いうわけで今回は本職巫女のお正月奉仕について紹介していきます。



一般の会社ではお正月休みが有りますが、もちろん神社ではそんなものは有りません。
神社にもよりますが、大晦日辺りから1月中旬くらいまではほぼ休めないと思った方が良いでしょう。


私が奉職させて頂いている神社では、大晦日は神社に泊まり込みです。
泊まり込むと言っても、3時間位仮眠をとる程度ですが…


仮眠をとった後は、日付が1日に変わる夜中0時から勤務開始です。
ご祈祷の受付、御札・お守りの授与、参拝者の誘導などを行います。

その後再び仮眠をとり、今度は朝から手伝いに来る助勤さんの受付・着付けや指導を行います。
1日はその後そのまま夜の10時くらいまで奉仕をします。

2日は夜中の奉仕は無くなりますが、1日同様朝早くから出社の為、自宅が神社から遠い人はまた泊まりになります。

以降からは勤務時間が次第に短くなっていき、1月中旬くらいには通常の勤務時間に戻っていく、という感じですね。

それでも1月中は普段の何倍も忙しいです。


忙しさと寒さで体調を崩す巫女さんも結構います。
助勤さんも風邪を引いてしまう方が多いですね。




お正月中は長時間奉仕で過酷ですが、終わった後にはきちんとお手当が頂けます。
大変ではありますが、過ぎてしまえばあっという間ですよ。

posted by ざくろ at 22:42| Comment(1) | TrackBack(1) | 巫女について知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

★巫女さんのお給料って・・・? 〜まず巫女さんについて知ろう!〜

 やっぱり気になりますよね、お給料。
一般の企業でも会社によって差が有るのと同じように、巫女さんのお給料も神社によってまちまちです。
他の神社の巫女さんに「いくら貰ってるんですか!?」なんてことは聞けないのではっきりとは分かりませんが、大体手取りで15万前後ではないでしょうか。
秋葉原の神田明神さんでは、公務員を基準にして巫女さんのお給料を決めているとか・・・。

祭典などの行事やお正月の時は、その都度手当が頂けます。
私がご奉仕している神社ではボーナスも頂けます。


 もっと詳しく知りたい!というかたはハローワークのインターネットサービス等で巫女さんの求人を探してみるのが良いと思います(求人自体が無い時もありますが・・・)。
お給料以外にも仕事内容、就業時間などの詳しいことが書いてあったりもするので参考になりますよ。

ですが、表立って求人をしていない神社の場合、お給料の額を知るのはなかなか難しいです。
最終面接でようやく知らされるなんて事も・・・。


 どちらにしても、あまりお給料の良い職業ではありません。
一般企業のように倒産するなんてことはほぼ無いので安定している職業とも言えますが、たくさん稼ぎたい!という方には向いていないですね。

posted by ざくろ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 巫女について知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

★巫女さんの仕事内容って?A 〜まず巫女さんについて知ろう!〜

 巫女さんがどんな職業か知るためには、関連書籍を読んでみるのもおすすめです。
巫女さんについて書かれた本は、数は少ないですが、いくつか存在しますのでご紹介します。

1.巫女さん入門 初級編


監修:神田明神
出版社:(株)朝日新聞出版
  神社・神道の基礎知識から、巫女さんの作法、巫女装束の着方まで載っています。巻末には少しですが巫女さんへのインタビューも有ります。ページ数も意外と多いので勉強になりますよ。基本から勉強したい!とう方におすすめです。

2.平成の巫女 「まごころ」をつぐ娘たち


著:佐野裕
出版社:(株) 原書房
 この本は作法などの専門的なことは殆ど載っていませんが、巫女さんへのインタビューが多く載っているので、巫女さんがどういったものなのかイメージが湧きやすいと思います。


 以上が私のおすすめの本です。是非読んで勉強してみてくださいね。

posted by ざくろ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 巫女について知ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。