2011年10月10日

助勤の面接で聞かれる事とは?

 助勤の採用面接ではどんなことが聞かれるのでしょうか。

もちろん神社によって、または採用担当によって聞く内容はばらばらですが、以下にあげた質問が比較的されやすいと思います。


・志望動機(どうして巫女の助勤奉仕をしようと思ったのか・なぜここの神社なのか)
・何日から何日まで奉仕できるか
・通勤時間はどのくらいか
・学校がアルバイトを禁止していないかどうか
・体は丈夫かどうか
・紹介者の有無
・自己紹介
・自己PR



 応募者が多い神社では面接に時間が掛かりすぎてしまう為、自己PRなどは無いと思いますが…、志望動機は必ず聞かれると思いますので、きちんと答えられるようにしておきましょう。

posted by ざくろ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 巫女の採用 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

巫女の面接の攻略 まずは身だしなみから!

 今回は巫女さんの採用面接についてです。
面接の際に気を付けなければならないことは沢山有りますが、最初にチェックされるのは身だしなみです。


まずは服装について。

当たり前のことですが、普段着で行ってはいけません。ジーパンなんてもってのほかです。
高校生なら制服、それ以外の方はスーツが適切です。

シャツは必ずアイロンをかけて下さいね。
シャツのボタンは上までしっかり留めましょう。袖のボタンも忘れずに。
スーツの場合は、シャツの色は派手すぎなければ何色でも大丈夫です。自分の顔が一番明るく見える色を選ぶと良いでしょう。

制服でネクタイやリボンが有る場合は、だらーんとさせないでしっかり留めて下さい。
スカート丈も短くしすぎないように…

制服やスーツのジャケットは、ほこり取りやガムテープなどで表面を綺麗にしておきましょう。



靴について。

靴はきちんと磨いておきましょう。
履きつぶれているなら新しいものを買った方が良いです。
間違っても面接会場でかかとを潰して履いたりしないで下さいね。



髪について。

髪が茶色い人は、必ず黒くしてから面接に行って下さい。茶髪だと大抵は落とされます。
髪が長い場合は一つにまとめましょう。
まとめる際、ゴムはシンプルな黒いものを使いましょう。飾り付きのものやシュシュは避けた方が良いです。
前髪が長い人は横に垂らさず、ピンで留めるようにして下さい。きちんとした感じになります。



爪について。

爪は必ず短く切りそろえておきましょう。
爪を磨いたり整える等はした方が良いですが、マニキュアは塗らないように。



メイクについて。

化粧はナチュラルメイクにしましょう。
高校生であれば、ファンデーションは塗らなくて良いと思います。
但し、目のクマ、ニキビ痕などは隠した方が良いです。表情が明るくなるので…。
また、眉毛はきちんと整えましょう。
(眉毛は少し角度をつけると仕事が出来そうな感じになります。上げすぎるとキツイ感じになりますが…)

濃すぎるメイクはNGなので、つけ睫・睫エクステ、囲み目のアイライン等はやめておいた方が良いです。



その他

腕時計は必ずしていきましょう。ただし、シンプルなものを。
腕時計以外のアクセサリーは全て外しましょう。

鞄にキーホルダー等を付けている場合は全て外した方が良いです。




以上のことに気を付ければ、身だしなみに関しては合格点だと思います。
とにかく「きちんとした感じ」、「清潔感のある清楚な感じ」になるように頑張って下さい。

今回書いた事は当たり前のことでは有りますが、そういったことがきちんと出来るというのは大切なことですので頑張って下さいね。
posted by ざくろ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 巫女の採用 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。